サービス紹介

安研 ANKEN の、営業マンが行く!

東京本社
中原 宏幸Hiroyuki Nakahara

中原 宏幸まずは自己紹介をしてください皆さんこんにちは、安研営業部の中原宏幸と申します。平成17年で入社9年目になりました。入社以来、営業畑一本で仕事をさせて頂いております。
お客様と最前線で接する営業の仕事を通じての嬉しい経験や苦い経験も、お客様の大切さはもちろんですが、未熟者の僕をバックアップして頂いている安研 ANKENの皆さんの大切さ、仕入れ先様の大切さを学んだ、良き成長の糧となっていると実感しております。今後も、ユニフォームを通じて成長し、少しでもより多くの方のお役に立つ営業マンになるのが目標です。『これだけは譲れない!』営業マンとしてのこだわりはありますか?お客様の要望には出来る限り応えるようにする。しかしながら、そのご要望がお客様にとってかえって不利益となるようなご要望も時としてありますので、そのような場合は、順を追ってご納得頂けるようご説明及びご提案申し上げる、という点でしょうか。僕の営業力不足でどうしてもご納得頂けない場合もございますが、ただお客様に良いユニフォームをご着用頂きたいという気持ちでご説明・ご提案するという点は、こだわりと言えるかもしれません。営業先での失敗談やおもしろいエピソードなどがあったら教えてくださいお得意様へお伺いし、商品決定頂けるように意気込んでいた日の事でした。納期の関係もあったので、出来れば即日決定できるように思い、製品の特徴や在庫状況、概算見積など資料を作成し、情報を前日までに頭に叩き込んで準備万端で電車に乗り、多量の製品サンプルのうち一つを網棚へ乗せたのが失敗の元でした・・・。お客様の最寄の駅で下車し、改札口へ向けて歩いているときに、手元がなんとなく軽くなった気がした時には、すでに時遅し・・・。電車は無情にも網棚へ乗せたサンプルを乗せたまま発車オーライ!最終的には、終点まで取りに行きましたが、無事に商品も戻ってきまして、無事商談も終わり、お客様もたくさん荷物を持たせて悪かったねぇ。と笑って下さったので助かりましたが、あの忘れ物を思い出した瞬間の感覚は多分一生忘れないと思います。お客さんに言われて印象に残っている一言はありますか?数社コンペにて採用が決まるか否かのご連絡の時の、「いろいろと検討した結果・・・」の言葉が出た時のドキドキ感と、「中原さんにお願いすることに決めました」という、嬉しいお言葉を頂戴した瞬間の絶頂感は、何事にも代え難い最高のお言葉です。安研 ANKENの提案が、他社より優れたものだったという優越感も後からジワジワ沸いてきますし、あのお言葉は本当に営業としてたまりません。“わたしの着たいユニフォーム”というテーマで自由に語ってください夏は涼しく、冬は温かく、年中通して常に快適温度で保ってくれるようなユニフォームが出来れば、どんなに素晴らしいかと思います。それで、デザインや機能が優れていれば完璧!そんなユニフォームを着たいとは思いますが、まだ夢の領域ですね。しかしながら、そんなユニフォームをいつかは売ってみたいなぁ。。。。。その他(フリートーク)まだ出会えていない多くのお客様とお目にかかれるような営業が出来るように頑張りますので、ユニフォームについての事で、何かわからない点や不思議な点などありましたら、どんどん安研 ANKENへお問い合せ下さい、お客様にとって新しい発見があるかもしれませんし、良い出会いになれば最高に嬉しいです。

▲ページTOPへ戻る

  • 安研スタッフのなんでも相談窓口
  • オリジナル・ユニフォームが作れる?
  • ユニフォームに刺しゅうやプリントを入れたい